水道工事の豆知識・用語集

FRP

FRPとは

FRPとは、ガラス繊維強化プラスチックの略称で、強化プラスチックは、繊維と合成樹脂を一緒にして強度を強くした合成樹脂の事です。
一般的にはガラス繊維とポリエステル樹脂やビニールエステル樹脂が使われ、サーフボードや船などでよく使用される素材です。

FRPの特長

FRPは、引張強度や曲げ強度が強く、耐酸・耐候性にも優れ錆びず、木材のように腐ったりもせず、しかも軽いという特徴があり、皆様の分かりやすいところで言うと、お風呂の浴槽などがそうです。

FRP防水工事の特徴

20121030182536_image1_72一般的なアスファルト防水コンクリート押さえ工法に比べ、単位面積あたり60分の1の重量ですので、躯体構造に負担がかからず、幅広い用途が期待できます。
また、他の防水材に比べ数倍の強度と表面硬度をもつと言ったところが、FRP防水工事の最大の特徴ではないでしょうか。
耐久性および遮熱性にとんだトップコートもあります。