漏水箇所はどこですか?

漏水箇所に応じた工事

状況や場所に応じて、施工する防水工事の内容は変えなければいけません。
お客様のお家の漏水箇所などをチャート式で追っていけば、適切な工事が分かるようになっております。
ぜひ一度ご確認ください。

あなたのお家の漏水箇所はどこですか?

診断

バルコニー

「OK」を選ばれた方
通常のウレタン防水またはFRP防水が適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

ウレタンFRP

バルコニー

「少しならOK」を選ばれた方
塩ビシート防水が適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

塩ビ

バルコニー

「NG」を選ばれた方
環境対応型ウレタン防水・FRP防水(ノンシレンタイプ)・ポリマーセメント系防水が適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

環境ウレFRP2015-06-30_172939

屋上(ルーフバルコニーなど)

「よく使う」を選ばれた方
ウレタン防水・FRP防水・塩ビシート防水などが適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

ゴム改質アスファルト

屋上(ルーフバルコニーなど)

「あまり使わない」を選ばれた方
ゴムシート防水・改質アスファルト防水などが適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

ゴム改質アスファルト

その他(厨房・風呂など)

「工期と費用をかけてでも完全に直したい」を選ばれた方
現在施されている防水の部材などを全て撤去し、アスファルト防水やFRP防水などを施し復旧します。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

アスファルトFRP

その他(厨房・風呂など)

「現状のまま上から防水したい」を選ばれた方
FRP防水が適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

FRP

その他(厨房・風呂など)

「現状のままがいい」を選ばれた方
高圧樹脂注入が適しています。
※下地の状況により工法は選定させていただきます。

高圧