アスファルト防水工事

アスファルト防水工事とは…

一番古典的な防水材ですが、いまだに一番信頼性の高い防水材とされています。
ビルの屋上などの水平な屋根に施されるもので、アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを重ねて防水層を形成し、その上にコンクリートなどで押さえます。(場合により押さえない事もあります。)

アスファルト防水工事の特徴

一般的な工法の一つで、コンクリートで押さえている場合で寿命約20年、押さえが無く防水層が露出している場合でも10~15年と長寿命です。
コンクリートなどで覆う場合は、見た目では何も分からないので、建物の美観を損なわずに防水を施す事が出来ます。
ただ、施工の際に改質アスファルトとは異なり、臭いや煙が発生するので、環境面では改質アスファルトなどに比べ、劣ります。
耐久性および遮熱性にとんだトップコートもあります。

2015-06-25_193943

20080325095457_photo_90
よく、屋上などで採用されるアスファルト防水ですが、このようにバルコニーのような狭いスペースでも施工する事が出来ます。

2015-06-25_191418