改質アスファルト防水工事

改質アスファルト防水工事とは

改質アスファルト防水工事とは、アスファルトに合成ゴムなどを混ぜて低温での柔軟性を高めた材料をシート状にしたものをバーナーであぶり、溶かしながら下地に張り付けていくトーチ工法や、自着タイプ冷工法(常温工法)とがあります。

改質アスファルト防水工事の特徴

改質アスファルトはシート状になっているため、アスファルトを釜などで溶かす作業がなく、煙や臭いなどがほとんど発生せず、アスファルト防水に比べ施工の手間も掛からず、工期の短縮・コスト削減に優れており、環境面でも優れていると言えます。
耐久性および遮熱性にとんだトップコートもあります。
左の画像は、改質アスファルトシートをバーナーであぶり、接着面を溶かしながら下地に張り付けてる作業途中です。

2015-06-25_192500

20080324163325_photo_5
左の画像は、改質アスファルトシートをバーナーであぶり、接着面を溶かしながら下地に張り付けてる作業途中です。

2015-06-25_191418